GCNレースパスが「GCN+」に。ジロなど配信。

GCNは提供中のアプリを「GCN+」に改称。昨年8月に開始した「GCNレースパス」をGCN+のサービスとして新たに位置付けました。親会社のdiscovery+もそうですが、どうも+を付けるのが流行りのようで。

料金は従来と変わらず、2月末まで50%OFFのキャンペーンを実施するとのこと。年額だと2,750円という恐ろしい設定です。無事レースが開催されるかどうかがリスクというのは悲しいですが…
また、レースの配信予定が更新され、ジロ・デ・イタリアなどRCSスポルトの主管レースが追加されました。2/21から始まるUAEツアーが最初の対象です。

今後も随時更新されていくので、最新の情報を確認してくださるようお願いします。
RCSスポルトの国外向け放映権は昨年までIMGが保有しており、以前の記事では今年からどうなるかが不明だと書いたのですが、その後の調べではどうやらIMGとの契約が延長されていた模様。有料記事のため見出ししか見えておらず、詳細については紹介できないのですが…。
GCNの兄弟会社であるユーロスポーツは、すでに今年も3大グランツールと5大モニュメントを含む290日以上のレースを放送すると発表しており、少なくともヨーロッパでは交渉が成立していたことがわかります。

ただ、ユーロスポーツが提供されていない国においては改めて権利を買わねばなりません。日本でも継続となったのはひと安心といったところでしょうか。

一方、今年から権利がInfrontに移った、フランドルなどフランダース・クラシックの主催レース、およびアムステル・ゴールドレースについてはまだ日本のラインアップに掲載されていません。これについては続報を待たねばならないようです。
同日にもうひとつ発表がありまして、ツアー・オブ・ブリテンなどを主催するSweetSpot社と5年契約を結ぶとともに、6月に開催される女子レース「ウィメンズツアー」を生中継するとのこと。

新たにライブの映像を制作するというのがポイントで、それだけ女子レースに力を入れているわけです。これらのレースは日本でも配信予定となっております。

0コメント

  • 1000 / 1000