電通に隠れる国内2位・博報堂。ゴルフで暗躍?

放映権の話題となると、どうしても電通の名前が多く出てきます。日本の広告代理店で国際的なスポーツビジネスを手がけているところはほとんどないから仕方ありません。

もちろん電通についていろいろ批判があるのは事実ですが、せめて大きな代理店がもうひとつあって、競争が発生していれば…という気持ちもあります。

ということで広告代理店2位の博報堂の話を少し書くことにします。ちなみに3位はABEMAでも知られるサイバーエージェントなんだとか。
博報堂はJリーグ創設当初の代理店だったこともありますが、最近は目立った大型案件の話は聞きません。

ただ、ゴルフについては多くの大会の開催に関わっています。また選手のマネージメントも行っています。そういった活動はグループ会社の博報堂DYスポーツマーケティングで行われており、スポーツビジネスにおいては縁の下の力持ちであると言えるでしょう。

放映権ビジネスでは名前を見かけませんが、大会をプロデュースし、放送枠を確保してひとつのパッケージとして成立させることは博報堂の力がおおいに関わってきます。JLPGAの放映権にまつわる一連の動きでも、おそらく裏で大きな役割を果たしているのでは…と勝手に想像しています。

0コメント

  • 1000 / 1000