ハンマーシリーズ日本開催なるか?あとフォーミュラEも。

片山右京理事長!栗村修理事!なんかそれだけでわくわくしますが、やはり世界を知っている人が入ってこないと日本から世界への道は整わない。ということで期待するしかないっしょ。
で、記事中で触れられているのがハンマーシリーズ開催構想。ASOに高いお金を払って花相撲であるさいたまクリテリウムを誘致するよりも、ガチレースであるハンマーシリーズを誘致するほうが、日本の競技力を強化する意味では理がかなってるかと。もちろん都会の真ん中でクリテリウムを行うことの意義も大きいのではありますが。
ハンマーシリーズはスポンサーに大きく依存する自転車チームのビジネス構造を変えるという意味でもハンマーであり、自分でレースを主催し、観客から観戦料を頂き、放映権も自前で管理することで収益を各チームに分配することができる。

実はcyclowiredさんの記事では日本にラインレースが少ないことが問題視されているのだけど、ハンマーシリーズは周回コースが前提のフォーマット。要するに両方あっていいわけで、ヨーロッパの伝統的なフォーマットであるラインレースのほうが格上ってことでもないかと思う。
ハンマーシリーズの権利はプロチームが共同出資するVelon社と、ツール・ド・スイスなどを主催するInfront Sports社が10年間のパートナーシップを結んでいる。今年はすでに2戦の開催が決定しているほか、Infront社に中国資本が入ってることもあってか、中国でもう1戦開催される可能性があるとのこと。

中国資本というのは若干気になるけど、財政基盤はしっかりしているはずなので、真剣に誘致を検討してみてほしい。
ちなみに片山右京さんの本業?であるモータースポーツ界では電気自動車によるフォーミュラEが登場。騒音と排気ガスが出ないため市街地コースでの開催を売り物にしている。(日本ではサッシャさんが全戦実況してたりする)

こちらも日本での開催が待望されている。いずれも公道を閉鎖するためハードルは高いが、自動車界も自転車界も変化の時であることは間違いないようだ。

0コメント

  • 1000 / 1000