イスタンブールダービー、開始時間変更も?

香川選手の衝撃デビューがあまりにも印象強かったため、5月に行われる長友選手所属のガラタサライとの試合について、日本でも見やすい時間にキックオフできないかとの相談が来ているとか。気が早すぎます。
要請を出しているのは日本に映像提供している代理店とのことで、これはパフォームグループをさすのか、はたまた電通か。
現在のところトルコリーグ(スュペル・リグ)はDAZN独占配信になってますが、別のテレビ局が動いている可能性すら感じさせます。

そしてトルコリーグの放映権を持っているのが毎度おなじみ、カタールのBeIN Sportsであることが分かったのもこの記事の収穫。
DAZNとBeINの関係は悪くなく、例えばカナダではコンテンツの相互提供をしていたりする。いわゆるスポット契約的な買い付けであればさほど高い買い物にはならないはず。

とはいえ、個々の選手に頼った放映権の買い付けはやはりリスキー。ケガする可能性も、また他のクラブに移籍する可能性もある。入団記者会見で「イカナイデクダサイ」と言った記者がいたけど、放映権を買う側もやはりイカナイデ、といったところだろう。

カタールと言えば中島選手の移籍が決まったため、カタールリーグの試合を見たいとのリクエストもあるかと思う。BeINとのパイプがあれば獲得も可能だろう。Jリーグよりは安く買えるはず。
でも、やはりケガや移籍のリスクはつきまとう。中島選手にはPSG行きの噂もあるだけに。でもリーグ・アンの放映権もDAZNが持っているからそれなりにメリットはありそうですけどね。

0コメント

  • 1000 / 1000