U-NEXT、マスターズ初日の配信で混乱?

マスターズのライブ配信を行っているU-NEXTですが、初日(4/6)の配信で混乱があったようです。配信開始時間として告知されていた21:30を過ぎ、1時間経過しても配信が始まらなかったと日刊スポーツが記事にしています。

この記事を読んで、システム障害か?と思ったのですが、実際に調べたところ障害ではありませんでした。21:30の時点で配信が始まったのは、マルチチャンネルのうちのひとつである「ドライビングレンジ(練習場)」のみであり、他のチャンネルは23時以降の開始だったというわけです。


もちろんU-NEXT側の告知に不備があったことは否めず、おおいに反省が必要です。しかし、それと同時に事実をきちんと確認せず、Twitterの声だけで記事を仕立て上げるメディア側の姿勢も疑問です。日刊スポーツに限らず、最近こういう記事って多いですよね。

U-NEXTは最近スポーツ中継に力を入れており、注目も集まっています。マスターズは昨年からライブ配信を行っていますが、今年からPGAやJLPGAの配信も始まったことで新規加入したゴルフファンも多いでしょう。マルチチャンネルの存在に気付かなかった人もいるかもしれません。たくさんの注目を集めているいまだからこそ起こったトラブルだとも言えます。


【PR】以下のバナーからU-NEXTに加入すると、通常600ポイント進呈のところが1,200ポイントになります。このポイントを使って「SPOTV NOWパック」に加入することもでき、実質1か月無料となります。

U-NEXTがスポーツに注力する理由としては、最近も「AV Watch」に堤天心社長のインタビューが掲載されていました。コロナ禍によるステイホームで発生した需要を「レンタルビデオの置き換え」と定義するならば、現在発生しているのは「有料放送の置き換え」であり、従来中心であった映画に次ぐ、有料放送で消費されるコンテンツとしてスポーツに目を付けた…というものです。


また、SPOTV NOWとの提携については、DAZNが「独占型」のビジネスモデルであるのに対し、SPOTVにはフレキシビリティがあったという理由を述べています。SPOTVはMLB、そしてプレミアリーグをABEMAにサブライセンスしています。まぁ、最初からすべてを独占するには巨大な資本力が必要であり、SPOTVにはそこまでの力がないといったほうが実情なのかもしれませんが。

基本料金を高めに設定する代わりに、ポイントを付与するというやり方も、確かにレンタルビデオの延長線上にあると考えれば理解はできます。今後、ポイントをどのように使ってもらえるか、選択肢を増やすという意味でもSPOTV NOWを取り込むのは大事な施策です。今後さらに他の有料サービスを取り込んでいく方向に進むでしょう。


最近では「週刊少年ジャンプ」の配信を開始したなんていう記事も。毎月もらえる1,200ポイントで4週分購入できるようになったとのことです。もっとも、これはU-NEXTに限らず、ジャンプが自前主義を転換し、他の電子書籍サイトでも購入できるようになったことに大きな意味があるわけですが。

2コメント

  • 1000 / 1000

  • flower_highway

    2023.04.09 08:33

    調べると詳しくなりますね(苦笑) 本日は新日・全日・ノアが合同でなにかやるという話も出てきて、プロレス界でも再編が起こるかも。その場合はABEMA主導になるんでしょうか。
  • てんてこまい

    2023.04.08 04:55

    そうなんですよ。週刊少年ジャンプも配信開始。自分はかなり驚きました!。さすがに主さんの管轄外だと思っていましたが、ここにも触れたのはさすがでございます!今後はUFCと統合したWWEの配信が始まらないかと、(勝手に)予想中ですw。もしくはUFCを奪われたWOWOWが、WWEを取りにいくなど。