まだ不透明。サッカー5大リーグ、今季も日本で観られるの?

この記事を執筆している段階で、いまだにイタリア・セリエAとフランス・リーガアンの放送(配信)が決まってないという状態。


まぁ、ぎりぎりまで交渉が行われているのでしょう。もちろん日本人が所属しているかどうかでも注目度は変わります。昨シーズン「5大リーグ集結」を大々的にアピールしていたDAZNですが、その間に視聴データはばっちり取れているでしょうし、何よりも今シーズンからUEFA CL/ELの権利を獲得。いくら金満DAZNでも予算ってものがあります。


ということで、正式に発表されるまではどうにも書きようがないのですが、どこが権利を持っているかについて推測。


まず、セリエAの放映権(イタリア以外)についてはIMGではないかと。下のリンクにあるIMG REPLAY社は過去映像のアーカイブを販売している会社だけど、現在の放映権もあわせて保有している可能性も高いと考えてよいでしょう。


【追記】アメリカのESPNがIMGから権利を購入したとの記事を見つけたのでこれは正しいです。

ちなみにイタリア国内でのセリエAの放映権は揺れに揺れました。いったんはスペインのMediaproという企業が落札したものの、Skyが独占禁止法違反で異議を訴え、裁判所がそれを認めたことで入札がやり直しに。その結果、毎節10試合のうち7試合をSkyが、残り3試合をDAZNが獲得するという結果になったわけです。


IMGとDAZN(というかパフォーム・グルーブ)の関係は良好なので、今季もDAZNでの配信が継続かな…という推測も成り立ちますが、あくまでもこれはビジネス。長友選手の移籍で価値が下がったことも否めず、やはりぎりぎりまで駆け引きをすることになるのではと。


そして、リーガ・アンの放映権はカタールのテレビ局「BeIN Sports」が今季から2024年までの権利を獲得しているもよう。これについては予測のしようもないですね。

で、他のリーグのおさらいなんですが、プレミアリーグとラ・リーガについてはソフトバンク系列のスポナビライブが保有。しかし、スポナビライブが撤退したためDAZNが放映権をお預かりしている形になっております。また、プレミアはJSPORTSにもサブライセンスを提供。ラ・リーガとWOWOWについてはいまだ不明です。


そして、ブンデスリーガは今季からスカパーへ移動。スカパーはベルギーやポルトガルリーグの権利も獲得していますが、早くもベルギーで日本人選手所属の試合を放送しなかったとかでひと悶着起きてるとか。日本人の活躍を見たいというのは当然のことですね。


さらに、本田選手がオーストラリア・Aリーグに移籍との情報。Aリーグの放映権を買うところがあるのかも今後の注目ポイントでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000