コパ・デル・レイの入札開催中。締切は10/30。

サッカーのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の放映権について、入札の開催要項が公開されております。具体的には以下のURLからPDFファイルを入手できます。

この入札はEU以外の国が対象で、今季から3年間の契約となります。締切は10/30に設定されています。いまからでも買えるかもしれませんよ?
https://cdn1.sefutbol.com/sites/default/files/images19/international_english_version.pdf
今回の入札はSportradarという代理店によって実施されます。前回まではB4 Capitalという会社だったそうです。なんかこの名前、最近聞いたような…

基本的には国単位でパッケージされているのですが、アフリカでは言語単位でパッケージされているのがなかなか面白かったりします。

また、MENA(中東および北アフリカ)もパッケージとなっており、BeIN Sportsに買わせる気満々な感じがしますが、サウジアラビアはこのパッケージに含まれず単独になっております。
これはサウジが拠点とされる海賊放送局「BeOutQ」対策であることは明らかです。その一番の被害者がBeINであり、そしてBeINで放送されるスポーツの関係者すべてが被害者だとも言えます。これには引き続き断固とした態度をとる必要があります。

しかしながら、サウジの石油生産施設がイラン?によって攻撃されるという事件が発生したことで、またアメリカとサウジの距離が縮まるなど中東情勢もまた刻々と変化しております。スポーツと政治の話は始めるときりがありませんが、やはり平和あってのスポーツではないかと。

日本は単独のパッケージとなっていますので、11月初旬にはどこかで発表があるでしょう。また、これは来季に放映権が更新される予定のラ・リーガの前哨戦といった位置付けになるかもしれません。

DAZN、スカパー、WOWOW、楽天といった候補があげられますが…結果が出ましたらまたお知らせします。

0コメント

  • 1000 / 1000