DAZN、巨人と5年契約?NFL撤退の噂も。

ソースは夕刊フジということで信憑性を図りかねているのですが、DAZNが昨年巨人・読売新聞・日テレと結んだ契約が5年延長されたとのこと。

今年もDAZNでは巨人主催ゲームが配信されてますし、原監督に加えて坂本選手がアンバサダーに就任するなどパートナーシップを強化しているところ。延長されたことはわかってますが、5年という具体的な期間が出てくるとは。

ただ、長期契約は同時にセ・リーグ6球団(あるいはNPB12球団)の放映権一括管理を遠ざけます。球界の盟主たる巨人軍がみずから率先して動いてくれるというなら話は別ですが…なかなかねぇ。
それよりも、この記事にある以下の一文が波紋を呼んでいます。

すでにNFLやNBAからは撤退を決めた。

すでに楽天が権利を獲得しているNBAはともかく、NFLは初耳です。もうすぐシーズンが開幕しちゃうだけに気がかりです。まぁ、とっくに権利を失ってるNBAと一緒くたにしている時点でちと疑問です。

ということで、先月もやってみたDAZNの新規入会ページの定点観測です。
これは先月のもの。この時点ではNFLのロゴが表示されてます。
それが直近のものになると、確かにロゴが消えていることがわかります。ただし、上部のテキストにはまだNFLの記述が残っており、なにやら微妙な雰囲気です。
DAZNが運営する大本営のGoal.comでも8月時点でNFLの記載があります。もっとも欧州CL/ELもありますが。
NFLとDAZNの関係は2017年に前身のPerform Groupが結んだ提携から始まります。このとき日本を含む米国外での放映権と、米欧を除く地域での「NFLゲームパス」の販売権を得ていますが、後者は昨シーズンにOverTier社へと移っています。

契約期間は「複数年」となっており、明確ではありません。現時点で3年経過してますので、そろそろという可能性はあります。ただ、5年という説もあるんですよね…残念ながらソースを失念してしまいました。

【追記】
2021年までとの情報が出てきました。シーズンが年をまたぐため解釈が難しいですが、4年または5年契約とみられます。
https://media.sportbusiness.com/2020/02/nfl-faces-challenge-to-grow-linear-ott-revenues-in-key-non-us-markets/


もし両者の契約が終了しているならば、日本向けの代理店も変更されているはずですが、そんな情報は見つからず。NFLが直轄する可能性もありますが、いずれにせよこの影響は日テレジータスやNHKにも及ぶことが考えられます。

また、契約自体は残っていると仮定すれば、自社で配信するよりもより高く売れるライセンス先が見つかったことが考えられますが、そんな発表も見当たらず。高いコンテンツですから、いわゆる飼い殺しをするくらいなら自社で配信するほうがましだと思いますが…

開幕が迫ってますので、答えは早々に出るかと思いますが、とにかく注視です。

0コメント

  • 1000 / 1000