インテル、暗号通貨企業が新スポンサーに?

セリエA・インテルで長年胸スポンサーとなっていた大手タイヤ会社のピレリですが、どうやら昨シーズン限りで契約が切れた模様。代わりとなるスポンサーとして、暗号通貨を取り扱っている「Socios.com」の名前があがっているとのこと。

ピレリは完全撤退というわけではなく、サプライヤーとしてインテルの関係は残すとのことですが、年間1,050万ユーロと推定されている支援は大幅に縮小されます。
Socios.comはファントークンと呼ばれるものを取り扱っています。ファントークンというのはプロスポーツのクラブが発行する暗号資産であり、購入者は保有金額に応じてクラブから特典を受ける権利を得ます。株式を発行して資本を調達するのと同じ考え方です。

さて、インテルといえば中国の小売大手である蘇寧グループの傘下にありますが、蘇寧グループはコロナ禍の影響で経営不振に。同じく傘下だった中国スーパーリーグの江蘇FCは昨シーズン優勝したにも関わらず解散となり衝撃が走りました。
インテルについても売却の噂は絶えませんが、いまのところ売却はされていません。それだけインテルに投資する価値はあるということでしょうか。ただし、ピレリに替わるスポンサーには従来の3倍にあたる年間3,000万ユーロの支援を希望していると伝えられています。

蘇寧は先日株式の一部を中国の政府系ファンドに売却することを発表しており、いったん救済されることになりましたが、厳しい経営が続いている状況。

Socios.comが蘇寧の要求に応え、さらにファントークンの発行で資金を調達できればインテルの経営も安定しそうですが…まだまだ不透明な要素が大きいです。ビッグクラブと言えども一寸先は闇なのです。

0コメント

  • 1000 / 1000