【祝初勝利&初HR】大谷翔平×東京西川

あれ?以前は坂本勇人を起用してなかったっけ?という話はともかく。

通常、この位置の広告はいちばん目立つので広告料も高い。さらに稼ぐために合成という手段も使う。現地のスタジアムではたとえば緑色のスクリーンだけが設置してあって、映像を送信する際に看板を合成する。しかも、相手の国によって内容を変えてくる。やたら日本企業の広告が多いなぁ…と思ったら、それは合成である。


でも、この広告は実際の映像を確認してもやはり本物だった。お金ありますね。

海外のフィギュアスケートの大会で日本語の広告ばかりが出ているとげんなりするけど、こういう場所で日本語の広告が出てくるのはなんかほっこりする。

ところで話は合成に戻るけど、合成によって看板の内容を自由に差し替えられるってことは、それを中継しているNHKにとってはあまり都合がよろしくない。もちろん政治的なメッセージが流れたりすることはないけど、あくまでも「たまたま映ってるだけなんで」というスタンスに説得力がなくなってくる。

おそらくNHKには広告料は入ってないし、逆にNHKがMLBに支払っている放映権料は100億円を超えるなんて噂も…。別に公共放送だから広告をまったく入れてはいけない、という縛りを設ける必要はないと思う。現にいろんな形で副収入を作っているわけだし、主張できるところは主張してよい。なにしろ皆さまの受信料で支えられているNHKなんで。

0コメント

  • 1000 / 1000