【速報】クリロナ、サウジ移籍決定。

今年最後の記事です。クリスマス休暇が始まると海外からのニュースはなくなるのですが、移籍市場はまだ開いてましたね。


ということで、噂されていたクリスティアーノ・ロナウド選手の移籍が決定しました。サウジアラビアのアル・ナスルと2024-25シーズンまで契約を結んでいます。

年俸は推定7,500万ドル(約100億円)とされていますが、スポンサーや肖像権などの収入も含めると、年間2億ユーロ(約280億円)に達するという報道も。また、引退後も2030年までアンバサダーとして活動する契約が含まれているとされています。

とにかく2022年は中東マネーに振り回された1年だったと言えるでしょう。サウジは2030年のワールドカップや2036年のオリンピックの招致をめざしているとされており、ロナウド選手も大きな役目を背負うこととなります。LIVゴルフも来年はさらに拡大し、PGAツアーとの覇権争いが激しくなると思われます。


アジアにおいてはチャイナマネーが期待されていたのですが、コロナ対策で完全に後れをとり、スポーツ界での存在感は薄くなる一方です。アジアにおけるパワーシフトは、もちろん同じアジアに属する日本にとっても大きな影響を及ぼすことになります。

当ブログらしい話も書いておきますと、サウジリーグの放映権は政府系企業であるSaudi Sports Companyが保有しています。LIVゴルフがYouTubeなどで無料配信されている例をみると、おそらく当初は高値で売る気はないんじゃないかと思います。また、EA Sportsと契約しているのでゲームには登場するでしょう。


来年はどうなることやら…という雰囲気を漂わせつつ、今年の更新は終了です。来年もどうぞよろしくお願いします。

0コメント

  • 1000 / 1000