【続報】WOWOWのリーガ放映権、DAZNのサブライセンスだった。

WOWOWが今シーズン限りでラ・リーガ中継を終了する件について、ITmediaがWOWOWに取材した記事が公開されました。それによると、ラ・リーガの放映権はDAZNからのサブライセンスであり、来季の交渉が決裂したことが終了の要因とのことです。

DAZNからのサブライセンスというのは可能性としては高いものと考えられましたが、今回それが裏付けられた形です。まぁ、終わる時に判明するというのはいささか遅すぎますが・・・


話は2016年、ラ・リーガの放映権をソフトバンク(スポナビライブ)が獲得した時にさかのぼります。この年、WOWOWがラ・リーガを放送できない大きなピンチに見舞われたのです。なんとかサブライセンスを獲得し放送を継続することができましたが、試合数は限定されました。


その後、スポナビライブの撤退によりソフトバンクの権利はDAZNに移管されましたが、その際にWOWOWとのサブライセンス契約も引き継いだと考えるのが妥当でしょう。それが今季まで継続していたというわけです。

そうなると、少なくとも来季のラ・リーガの放映権はDAZNにあることがわかります。独占になるのか、それとも他社にサブライセンスを出すことになるのか。


ただし、現在の権利のサイクルが今季までなのか、それとも来季までなのかが確定していないので、再来年以降の動向については不透明です。流れ的には前者のような気もしますが、これについては新しい情報が入りましたらお伝えすることにします。

0コメント

  • 1000 / 1000