日テレさん、ラグビーとサッカーどっちが大事?

昨日開催されたアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝。日本からは鹿島アントラーズが勝ち進んでいるが、この試合の中継が「日テレNEWS24」だったことがサポーターの怒りを買っている模様。
もともと日本テレビは系列のチャンネルとして「G+」(ジータス)「日テレプラス」「日テレNEWS24」の3チャンネルを持っているが、ACLの中継ではなぜか日テレプラスを使っていない。今回G+では虎の子である巨人戦を放送したため、日テレNEWS24送りになった形。
もっとも、日テレNEWS24は有料チャンネルとしては最安値の部類に入り、そういう意味ではお得と言えるのかもしれない。しかし、残念なことにスカパーではまだHD画質になっていないのだ。CATVや、スカパーでもプレミアムサービスのほうではHD画質になっている。

【補足】
9/26からHD画質になったそうです。

そしてもうひとつ伏線が。DAZNの「Jゾーン」にゲスト出演した原博実さんが「DAZNはACLの放映権を買うべき」という趣旨の発言をしたとかなんとか。多分にリップサービスの要素は多いとしても、日本サッカー界の偉い人の言葉はやはり重い意味を持ってしまう。

さて、日テレはトヨタカップ時代からクラブワールドカップに至るまで中継を続けてきた実績を持つ。世界最高レベルの試合が日本で見られる。これのラグビー版と言えるのが「ブレディスローカップ」だろう。
ニュージーランド「オールブラックス」と、オーストラリア「ワラビーズ」の伝統の一戦。これが今年は日本でも開催される。そして、最近ラグビーに力を入れている日テレが放送することが発表された。しかも「地上波」「全国ネット」「生中継」で。
日本代表戦とのいわば抱き合わせ的なものとはいえ、日本代表が絡まない試合をこの待遇で放送するのは相当気合いを入れていると言ってよい。元ラガーマンの安村アナも張り切っている。

いよいよ来年に迫ったラグビーワールドカップ。その一方で、サッカーのクラブワールドカップは4年ごとの開催へ。日テレさんは今こそ決断する時ではないだろうか。
もちろん契約期間の問題などがあるのは充分承知だが、サッカーファンもラグビーファンもがっかりさせないよう是非ともお願いしたい。

あと、トップリーグも今週開幕です。こちらはJSPORTSとDAZNで見られますよ。

0コメント

  • 1000 / 1000