sky買収の波、早くもDAZNを襲う?

ドイツDAZNが獲得していたプレミアリーグの配信権がskyに移動するとのこと。

ドイツ語圏が対象で、契約期間は来シーズンから3年間。

コムキャストによる買収劇のあと、さっそくプレミアリーグに手を出してきたsky。莫大な資金でさらなる攻勢をかけてきたのか?

本国では今シーズンに放映権の新たなオークションが開催され、BT Sportsと分け合う形に。さらに20試合はAmazonが権利を獲得。そろそろ放映権料のバブル崩壊が見えてきた感じがするだけに、市場規模もたいして大きくない本国よりも、外国向けの放映権に手を出すほうが賢明な判断であろうとは思います。

Jリーグを全試合独占配信する日本DAZN、セリエAを毎節3試合独占配信するイタリアDAZNとは異なり、ドイツDAZNは自国リーグであるブンデスリーガをライブで配信することはできず、辛うじて録画のハイライトを配信するのみにとどまっているわけで、そのうえでプレミアを奪われてしまうとなると…今度はどこに活路を見出すんですかね。

0コメント

  • 1000 / 1000