【追記あり】土壇場でうっちゃり。スペインDAZN、インディカーを逃す。

最近サービスがローンチされたばかりのスペインDAZN。当初の配信予定コンテンツにインディカーが入っていたはずだが、いつのまにか消滅していた。
1月の段階では放映権獲得の記事が流れていたのですよ。それがシーズン直前になってモビスターへ。何が起こったんでしょうか。
DAZNにとってせめてもの救いは、アロンソがフル参戦を決めなかったことでしょうか。今年もインディ500へのスポット参戦となる見込みです。
アロンソはすでにデイトナ24時間で小林可夢偉選手らとともに優勝をあげており、なんかレースを楽しんでる感にあふれてますね。
カナダではSportsnetというところが放映権を獲得したとのこと。でも、テレビで放送されるのは開幕戦、インディ500、地元のトロント開催の3戦であとはOTT限定らしい。

今年から放映権がインディカー自身による一括管理になったことによりいろいろと動きがあるようで。結構ぎりぎりまで交渉してるんですかね。

なお、この記事でDAZNについても触れられており、ドイツ語圏・イタリア・ブラジルで配信されると書かれています。

【追記 3/11 8:00】
カナダの中継はOTTではなく有料放送とのことです。失礼致しました。上記の3戦は異なるチャンネルでの放送だとのこと。
また、未確認ではありますがインディ500についてNHKが放映権を購入したとのこと。生中継なのか不明ですが、明確になり次第お知らせします。
こちらはオーストラリアに関する記事で、なんと生中継が消滅してしまい、火曜日に1時間のハイライトを放送するだけになってしまったとのこと。
かつてレースを開催していた国とは思えないこの仕打ち。バタバタなのは否めません。

2019年のNTTインディカー・シリーズ全17戦がBSスカパー!とGAORAで生中継

 スポーツ専門チャンネルGAORA SPORTSと日本最大の多チャンネルデジタル衛星放送スカパー!の契約者向け無料チャンネルのBSスカパー!で2019年のNTTインディカー・シリーズ全17戦を生中継することが発表された。 今週末、セント・ピーターズバーグで開幕を迎えるインディカー・シリーズ。 2017年にはインディ500を制す歴史的快挙を達成した佐藤琢磨は、昨年に引き続きレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングから参戦。シリーズチャンピオン獲得を目指して、インディカー参戦10年目となる節目のシーズンを戦う。 2000年シーズン以来、インディカーを中継するGAORA SPORTS。20年目を迎える今シーズンもインディカーの中継を行うが、2019年はBSスカパー!と共に全17戦を生中継で放送することが決定した。 第2戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ、第5戦インディカーGP、第14戦ポコノはBSスカパー!で、開幕戦を含むそのほかのレース14戦は、GAORA SPORTSで放送。 また、2日間に渡って行われるインディ500の予選はBSスカパー!で生中継される予定だ。 またスマートフォンやPC、タブレット端末でもスカパー!オンデマンドアプリを使ってライブ配信を楽しむことができる。 コンペティティブな争いが繰り広げられるアメリカ最高峰のオープンホイールレースをぜひリアルタイムで観戦してみてはいかがだろうか? 開幕戦セント・ピーターズバーグは、3月10日26時から放送スタートだ。

AUTO SPORT web

日本においては昨年と同じ体制が維持されました。GAORAが全戦を放送しますが、男子テニスと重なり生中継できないレースについてはBSスカパーでフォローされます。

両チャンネルともにスカパーオンデマンドでリニア配信を行っているのでスマホでの視聴もOK。またBSスカパーはスカパー加入者全員が視聴できるチャンネルなので、追加料金はかかりません。
ということで、今季も佐藤琢磨選手の活躍と居酒屋コメンタリーを楽しみましょう(^-^;

でも、これって今年が更新時期ではなかったというだけであって、今後波乱が起きないとも限りませんね…

0コメント

  • 1000 / 1000