WOWOW、来季もラ・リーガの権利を確保。

まだ正式なプレスリリースは出てないのですが、公式サイトのバナーでひっそりと発表されておりまして。
来シーズン(2019-20シーズン)についても毎節最大5試合の生中継が行われるとのことです。
ただし、あくまでも来シーズンに限っての話です。日本におけるラ・リーガの放映権は旧スポナビライブにあり、それをWOWOWとDAZNにサブライセンスしています。そして、来シーズンでこの契約は切れるわけです。

2020-21シーズンの放映権をどこが獲得するのか。本命はやはりDAZNでしょうか。対抗としてはスカパーと、バルサ絡みで楽天の名前をあげておきましょう。

大穴はイレブンスポーツ。本国イギリスでラ・リーガの放映権を持ってますし。現在はプロ野球の二軍戦を無料配信という太っ腹ですが、そろそろマネタイズを考える時期です。
WOWOWの契約者数は毎月公表されていますが、1月は全豪オープン効果で増加したものの、その後2~4月は減少が続いています。
テニスに左右される状況はやはりよろしくない。なにしろ年4回しかありませんからね。継続してもらえるコンテンツの確保が課題なのは言うまでもありません。

サッカーにおいては来年のEURO本戦の放送が決まってますし、年間を通じて途切れない流れを作ることは生き残りの必須条件です。

0コメント

  • 1000 / 1000