サウジ、競馬世界最高賞金レースを開催へ。F1も誘致?

BeOutQ問題が今後どうなるかまったく不透明な中、サウジアラビアでは大きなスポーツ大会の誘致が続く。断交したカタールや、王室の人権問題で揺れるUAEに対抗するかのように。人権問題だったらサウジも大変でしょうに。

ということで、賞金総額2000万ドルの競馬のレースが来年2月に開催されるとのこと。3月に行われるドバイ・ワールドカップと同様、賭けが禁止されているイスラム圏での開催ということで、賞金の原資はオイルマネーということになる。
そして、サウジアラビアでもうひとつ囁かれているのがF1の誘致。昨年12月にフォーミュラEが開催されておりますが、専用サーキットを建設するとなるとさらに大がかりな投資が必要となる。
今年のF1は全21戦。来年はオランダとベトナムでの開催が決まっており、どこが落ちるかと話題になっているが、ここに来て契約更新の話が相次ぎ、来年は22戦に、さらに将来的には24戦になるのではと。

レース数だけならNASCARみたいにもっと多いシリーズもありますが、世界を転戦するF1なだけに働き方改革が求められるところ。また、人権意識も厳しく持って頂きたいところです。

0コメント

  • 1000 / 1000