WOWOW、来季もラ・リーガの放映権確保。

WOWOWの公式サイトで、来季(2020-21シーズン)もラ・リーガの中継を行うとのバナーが掲示されております。プレスリリースはまだ発行されていません。
ラ・リーガについては2016-17シーズンからソフトバンクが4年契約を結び、「スポナビライブ」での全試合配信を開始。WOWOWでの放送は維持されましたが、メンバーズオンデマンドでの配信は放送したカードに限定されたとのこと。

ところが最初のシーズン途中である2017年4月からDAZNも配信すると発表し、あっさり独占が崩れてしまいます。いまにして思えば、スポナビライブにはもう見切りをつけられ、撤退戦に入っていたのだろうと考えられます。
翌2017-18シーズンには同じくスポナビライブが配信していたプレミアリーグもDAZNで配信されることとなり、そして2018年2月にスポナビライブがサービス終了を発表。権利はDAZNへと引き継がれたのです。

このあたりの経緯はラ・リーガ中継でおなじみのジャーナリスト、小澤一郎さんが記した記事が詳しいのでご参照ください。
2018-19シーズンは開幕直前までWOWOWでの放送が決まらないという事態が起きました。権利自体はまだソフトバンクが持っていたのか、それともDAZNに移っていたのかは定かではありませんが、何かしらの調整が入ったものと推測されます。
そして、来シーズンからは新たな契約が始まることとなりますが、真っ先にWOWOWが表明してきたのはちょっと驚きです。全試合を放送(配信)することとなった業者が先に発表するのが筋ではないかと思いますが…

そうなると、WOWOWの持つ権利はソフトバンク(および次の業者)からのサブライセンスではないのかも?という疑問もわいてきますが、そのあたりはまた新たな発表がありしだい確認できればと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000