海賊放送局beoutQにアメリカ様の制裁発動なるか?

今度はカタールが被害にあってる話も書いて中和しときましょう。
サウジアラビアに本拠地があるとされる海賊放送局「beoutQ」。サウジが国交を断絶しているカタールの放送局、beIN Sportsなどのコンテンツを勝手に再送信しており、beINだけでなく、スポーツの主催団体やエンターテイメント企業の怒りを買っている。

サウジといえば記者の殺害事件も記憶に新しいが、なにせお金持ちなのでアメリカも及び腰。そんな中で、アメリカ通商代表部(USTR)に対してサウジへの経済制裁も視野に入れた強硬措置を求める声が広がっているとのこと。
現在サウジはアメリカが指定する知的財産権の「監視国」となっているが、それを一段格上げして「優先監視国」とするか、さらに一段上の「優先国」にすべきとの要求が出ている。

このリストは「スペシャル301レポート」と呼ばれる。昔、貿易摩擦で「スーパー301条」なる言葉が話題になったことがあるけど、これはその知的財産権版にあたる。
なお、「優先国」は最高ランクに属するのだけど、現在指定されている国はない。えっ、あの国は指定されてないの?という驚きはある。さらに、かつては日本も「優先監視国」に指定されたことがあるのだという。どうも製薬絡みの問題らしいけど。

ということで、beoutQが栄えるほど多くのスポーツおよびエンターテイメントに携わる団体に被害が出るわけで、アメリカがいつ動くのかが待たれる。といってもそんなにガツンとはやれないだろうし、サウジも自分は関係ないと否定するだろうけどね。これ、もっと大きく取り上げないといかん問題ですよ。

ライバル会社の"海賊行為"に悩むカタールのスポーツ放送局、権利保護の義務を果たさないF1にも苦言

 カタールに本社を置く有料放送局のbeIN Sportsは、F1と締結しているテレビ放送権に関する契約を更新しない可能性がある。同局は最近の声明で、サウジアラビアを拠点にしているといわれる『BeoutQ』という企業の海賊行為による権利侵害の問題に言及している。 スポーツ専門局のグローバル・ネットワークを運営するbeINは、過去5年間に渡り、中東と北アフリカ地域におけるF1の放送権を保有してきた。 だがbeINによれば、1年以上の間、BeoutQが同局の放送用コンテンツを盗んではオンラインチャンネルを通じて違法に放送してきたのだという。beINはスポーツ中継における"ライバル"、海賊局のBeoutQのそうした権利侵害に対して、不利な戦いを強いられてきた。 海賊版コンテンツが中東地域において広範囲にまき散らされてしまったため、beIN Sportsは声明において、BeoutQによる『業界規模の窃盗行為』と戦う努力の一環として、今後の放映権料については「これまでよりも少額しか支払わない」としている。 beIN Sportsの中東、北アフリカ地域担当マネジングディレクターであるトム・キーベニーは、次のように話した。 「我々は各種の放映権料として莫大な額を支払っている。しかし、サウジ企業による海賊行為の当然の帰結として、得たはずの権利が保護されていない」 「したがって、今後我々はそれらの権利について、特にBeoutQと闘うと口先だけで言いながら行動が伴わない権利保有者達に対しては、これまでよりも少額しか支払うつもりはない」 キーベニーによって"口先だけ"と評された権利保有者には、F1も含まれる。これまでbeIN SportsはF1の生中継の権利料として、年間3000万ドル(約33億1900万円)から4000万ドル(44億2600万円)の費用を支払ってきたと報じられている。 Ampere Analysis社のメディアアナリスト、リチャード・ブロートンによれば、この額はF1が得る年間放送権収入全体の約7%に上ると推計される。 「湾岸地域の放送会社は現在、海賊行為を受けているほか、コンテンツ視聴に設定された高い月額料金が消費者に受け入れられないなど、猛烈な逆風にさらされている」とブロートンはBloombergの取材に語った。

AUTO SPORT web

beINがF1の放映権を更新しない、という話は以前にも紹介したのですが、その背景にはF1が具体的なアクションを起こしてくれないとの不満があるとのこと。
F1は現在アメリカ系のリバティ・メディア社が運営しているわけですが、毅然とした態度を示すヨーロッパ勢とはいささかスタンスが違うっぽい。最近はF1自体を売却するかも?なんて噂も出るくらいなので、F1という競技そのものに翳りが見えてきた感もあります。

0コメント

  • 1000 / 1000