【速報】バスケW杯、日本戦はフジ系で無料放送。

8/31に開幕するバスケットボールの「FIBAワールドカップ」。すでに放映権獲得を公表しているフジテレビが改めて放送予定を発表した。

9/1の日本vsトルコ、9/3の日本vsチェコ戦はBSフジとフジテレビNEXTで生中継。9/5の日本vsアメリカ戦はフジテレビ(地上波)とフジテレビNEXTで生中継される。
全試合地上波がよかったなぁ…という気持ちもありますが、まずは無料放送されることを評価したいと思います。
フジテレビは「独占生中継」と銘打っているので、ここで気になるのが同じく放映権を保有しているDAZN。
いちおう「全試合配信」と告知されていますが、ライブだとは言ってない。おそらくフジテレビがチョイスしたカードについてはディレイ配信になるのではと予想されますが、現時点では発表されてませんので決まり次第お知らせします。

もともとFIBA主催の国際大会はDAZNの前身にあたるPerform GroupがFIBAと合弁で設立した会社「FIBA Media」が管理しており、そこからフジテレビに販売されているわけです。
なのでゲームのチョイスについてはフジテレビ側に優先権があると考えられます。DAZNはそれを補完する役割を担うことになるでしょう。

DAZNはアジアだけでなく世界各地の予選を多数配信しましたし、この週末も「U-19女子ワールドカップ」を配信予定。物量についてはものすごいものがあります。そりゃ権利持ってるんなら行使しないと…ね。

その他、バスケ関連の放映権については以前にまとめましたので以下の記事もあわせてご参照ください。
【追記】
DAZNの中の人のツイートによると、DAZNでも日本戦の生中継を予定しているとのこと。
確かに予選ではフジテレビとDAZNの両方で生中継されていましたし、プレスリリースの文言について齟齬が生じているようです。

0コメント

  • 1000 / 1000