英SkyとBT、パッケージ割引を導入。

イギリスのファンにとって、プレミアリーグを観るにあたってSkyとBTに権利が分かれているのは厄介もの。今季はさらにAmazonが加わっていますが、こちらは幸いにも1か月分の負担だけで済んでいます。

すでにSkyとBTそれぞれのプラットフォームに対してチャンネルの相互乗り入れが行われていますが、両社のチャンネルをまたいだパッケージは提供されていませんでした。しかし、去る2/21に両社がようやく重い腰を上げたのです。
BTが提供するのは「Big Sport」パッケージで月40ポンド。ただし2年縛りです。
Skyが提供するパッケージは基本パック的な存在である「Sky Entertainment」も合わせて月47ポンド。こちらは18か月縛りです。

どちらにしろ縛りが存在するのは残念なのですが、少なくとも視聴者の負担は減る方向です。それと同時に、将来両社が負担する放映権料の原資は減ることになります。

放映権料バブルの終わりが近づいた?とも感じ取れる発表ですが、Amazonを始めとする新たな勢力の台頭によって総額はあまり変わらないものになる可能性も。

SkyとBTの2社による争いが収まれば、また新たな争いが始まるだけなのかもしれません。視聴者にとっては次回の契約更新までに与えられた束の間の猶予期間といったところ。その先はまだ闇です。

0コメント

  • 1000 / 1000